ニュース

ニュースリリース

ミッション

データを価値に

AI、それはデータを価値に変える現代の錬金術です。私たちは、私たちの製品やサービスを通じて、データを目に見える価値にするお手伝いを致します。

全ての人にAIの力を

AIは、極めて強力な技術ですが、現在はまだ限られた人しか使いこなせていません。私たちは、私たちの製品やサービスを通じて、全ての人が、AIの力を活用出来るお手伝いを致します。

持続可能でスマートな社会の創成

私たちは、AIや解析技術、データの力を通じて、社会的な課題の解決、持続可能でスマートな社会創りを行います。

製品

Multi-Sigma

多入力多目的な複雑システムを、データの解析を通じて簡易に最適化するためのAI解析プラットフォーム

https://multi-sigma.aizoth.com
ブラウザ上で、ディープラーニングによる予測と、遺伝的アルゴリズムによる最適化を行うことができるAI解析プラットフォームです。データをアップロードするだけで、自らプログラミングやインフラの整備を行う必要はありません。トレードオフの関係にある多数の目的を同時に最適化する入力条件を探索出来ます。

Google Cloud Platformの活用

Multi-SigmaはGoogle Cloud Platform(GCP)上に構築されており、重い解析処理にも対応できるよう、CPUまたは負荷分散処理能力に基づくスケーリングを自動で行います。 CPU 使用率に基づくスケーリングマネージドインスタンスグループ(MIG)の平均CPU使用率に基づいて自動スケーリングできます。 このポリシーを使用すると、CPU使用率を収集して、スケーリングが必要かどうかを判断するようにオートスケーラーに指示されます。 オートスケーラーが維持するターゲットCPU使用率を設定することにより、Multi-Sigmaでは複数の解析処理を一定レベルのパフォーマンスを維持するように動作します。

安全・堅牢なデータセンター

Multi-Sigmaを構成する複数のアプリケーション、システムはGCP上に展開されています。Googleのデータセンターでは物理セキュリティ対策としてカスタム設計の電子アクセス カード、警報システム、車両侵入防止装置、敷地境界フェンス、金属探知機、バイオメトリクス(生体認証)といった安全措置がとられています。 さらに、Googleはストレージのライフサイクル全体を非常に厳密に管理しており、ハードディスクが最初にマシンに組み込まれてから、データの抹消/消去が確認されるまで、あるいはハードディスク自体が破壊されるまで、すべてを追跡します。 情報セキュリティ対策と物理セキュリティ対策は組み合わせて実施されます。データが最も不正アクセスに弱いのは、インターネット経由またはネットワーク内で転送されるときです。 Googleとの間で転送されるデータは、HTTPS/TLSを使用して暗号化されており、Multi-Sigmaを構成するアプリケーション同士もHTTPS/TLSを使用しております。

オンプレ障害を極力減らす設計

Multi-SigmaではGCPプロダクトを採用することで、アプリケーション、API、データストアの冗長性を確保し、障害に強いシステムを構築しています。 また、急な負荷や、緩やかな利用者増によるコンピューティングリソースの不足にもクラウドの強みを活かして自動スケーリング、迅速なマシンスペックの変更が可能となっております。

AIコンサルティング

AI解析のコンサルティング・開発支援サービス

POINT
AIの専門家が、御社の課題解決に向けたAIの活用についてコンサルティングを行うとともに、必要に応じて研究開発までを行います。